必見です。遺言書が必要な人達

もしもあなたが何もせずに亡くなってしまったとします。残された人達はどうなるのでしょう。
場合によっては必要のない苦労を強いられる事もあるかもしれません。
これから挙げるケースに当てはまる、又は似ていると思われる方は、すぐにでも遺言書をしたためることをお薦め致します。 また、ここに挙げたケースはほんの一例であって、これが全てではありません。 遺言書の形は人それぞれであることをご了承下さい。

ケース1 子供がいない夫婦。

子供がいない夫婦の場合、配偶者の他に父母や兄弟姉妹にも相続権を主張することが出来ます。 例えば夫が亡くなった場合、夫の父母や兄弟姉妹、 場合によっては甥や姪にも相続権が発生するケースがあるということです。こういった場合、 何も問題なく配偶者に財産が渡る様にする為には遺言書が必要になります。 相続財産の中から一定の割合を受け取れることが民法で保障されていて、これを遺留分といいます。 この遺留分を被相続人(この場合は夫)の兄弟姉妹が主張することは出来ません。ですから、 子供がいない夫婦の場合、より多くの財産を残された配偶者に受け取ってもらいたいと考えるのなら、 お互いが別々に遺言書を書くことが重要になるのです。

ケース2 家族以外に財産を譲りたい人

例えば、自分と愛人との間に子供がいる場合、その子供にも相続権はあります。しかし、 その子には本妻との子の半分しか権利が認められません。 本妻との子が1000万円の相続をしたとします。ですが、 愛人との子はその半分の500万円しか受け取る権利がないということです。
この様なケースの場合、本妻と愛人との間でトラブルになることが多いと思いますので、やはり遺言書は必要でしょう。 また、相続人ではなくても生前にお世話になった方がいらっしゃる場合もあるでしょう。 例えば、寝たきりになってしまった自分を長い間看護してくれた人等、 特別な思いを持って感謝の気持ちを何かしらの方法で表したいと考える方がいらっしゃる場合があります。
相続人でない人が財産を譲り受ける場合、遺言書は必要不可欠です。

ケース3 相続人の中に財産を譲りたくない人(素行の悪い子供等)がいる方。

例えば、自分の息子が全く言う事を聞かず迷惑ばかりをかけ、注意しようものなら暴力をふるう。 又は息子から虐待を受けていたり、重大な侮辱を受けている等の理由がある場合に、 遺言書によって財産を渡さない様にすることが出来ます。これを廃除といいます。 ですが、ケース1で解説している遺留分を有する者を対象にしている為、この例でいえば、 息子には最低限の遺留分を受け取る権利があります。ですから、遺留分のみを渡し、 残りは他の相続人で分配するという方法になります。遺言書がなければ、 息子は法律に定められた割合をそのまま相続しますので、廃除はある程度有効な手段だといえますが、 この様な内容は少し複雑な為、出来れば専門家に相談した方が良いでしょう。

ケース4 相続について争いが予想される人達(相続人同士の仲が悪い等)がいる方。

例えば、非常に仲が悪い姉妹がいたとします。長女は高校卒業後、 実家で父の介護をしていたとしましょう。次女は大学を出て結婚し、 父の介護に非協力的だったとします。ただでさえ仲の悪い姉妹です。 たまに次女が帰省しても角を突き合わせる状態になるのは想像するに容易いと思います。 そんな時に父が他界したとしたら・・・ 結果はもう言わずもがなですよね。
又は、同じ兄弟姉妹でも本妻と愛人の子供であったり、先妻と後妻の子供であったなら、 上手く事が運ぶ方が珍しいのではないかと思いますが如何でしょうか。
もし、このケースでいえば父の遺言書があったなら、争いは起こらなかったかもしれません。
若しくは、最小限の争いで済んだと思われます。遺産分割協議が整わない場合、 最終的に裁判所の判断を仰ぐ事になります。少しでも争うことが予想出来るのなら、 生前から遺言書を書いておく事をお薦めします。

ケース5 家族関係・親族関係が複雑(離婚・再婚等)な方。

例えば、離婚して子供を引き取り、その後暫くしてから再婚したとします。 しかし、いつまでたっても後妻と子供との反りが合わなく、 関係がギクシャクしていた矢先に自分が亡くなってしまったとしましょう。 何事もなく法律に定められた割合で遺産分割が進めばいいのですが、子供は既に成人、 又は結婚していて後妻につらくあたることが頻繁にあったとしましょう。 後妻も先妻の子供に対して遠慮があったとしたら、後妻は老後に不安な思いを抱え、 とても大変な生活を強いられることは明らかですよね。 この様に、多少複雑な親族関係をお持ちの方は、やはり遺言書を残しておくことをお薦めします。

この様なケース以外にも、ご自分で何か事業をやられている方の後継者の問題や、 何か特別な趣味やコレクションをお持ちの方の物品譲渡等、遺言書があったなら、 不要な争いを防ぐことが出来るであろうケースは数限りなくあると思われます。
是非参考にして頂ければ幸いです。

まずはお気軽にご相談下さい。ご相談はこちら お電話はこちらTel 042-623-8817
心和堂行政法務事務所トップ > 必見です。遺言書が必要な人達
ホーム  はじめに  行政書士に依頼するメリットは?  離婚を迷っているのなら…  男女間トラブルQ&A  内容証明等の書類を上手に使う方法  内容証明書 文案
遺言書のススメ  必見です 遺言書が必要な人達  わかり易く解説 遺言書の書き方  相続・遺言の豆知識  ペット法務  ペットに関するトラブルQ&A
料金案内  事務所案内  プライバシーポリシー  面談によるご相談はこちら  メールによるご相談はこちら  リンク先ご紹介
Copyright(c) 2011 東京都八王子市・行政書士/心和堂行政法務事務所 All Rights Reserved.
このサイトは有限会社リーベが運営しております